窓際の風景

段違いな未来図に揺るぎない明日描いて。

 

滝沢歌舞伎2016を観劇してきました。

春の踊りは!よぉいやさ〜!

1年ぶりに行って参りました、新橋演舞場。そうです滝沢歌舞伎です。自担は出演しませんが、個人的に滝沢歌舞伎という舞台のファンなので今年もわくわくどきどきしながら春を迎えました。演目の名前などは曖昧なので記憶に残っている要所要所の感想を箇条書きに記していきたいと思います。(4/12夜)

 

【1幕】

・春の踊り、センター分け黒髪の森継くんかっこよすぎ ・いにしえ、林くん立ち位置最上手の時にフリちょっと飛ばした?隣にいる佐久間くんのことチラ見してたような。 ・前田くん相変わらず踊ってるときの表情が◎ ・待って、基くんって子なんとなく影山くんに似てない…?と動揺しつつ双眼鏡をかまえる私 ・三宅くんソロのバック2人は踊りが真逆で見応え有り。「動の佐久間くん」と「静の林くん」って感じ。 ・お化粧のシーン、三宅くんの写真(幼少期)がでたときにスクリーン見てから客席側向いて「かわいい〜」って言ってる佐久間くんこそかわいい ・三宅くんに「スノーマン、どうですか!」って聞いて「佐久間が面倒」って言われたときの「え〜〜っ」がまんざらでもなくてかわいい佐久間くん ・何の話してたのか忘れたけど、佐久間くんが「器がでかいんだねー(ニュアンス)」って言った後に宮ちゃんの方見て、宮ちゃんも佐久間くんのこと見て、2人で顔合わせてえへへーって笑ってんのくそかわいいDATESAKU ・口上、渡辺が「アッハッハッハッ」って笑うときに隣の林くんの腕触るんだけど、林くんが「えっ…?」って顔しながら渡辺に触られたところ抑えててなにそれかわいい ・蝶々の演目、後半で渡辺森継がペアになってとても至徳 ・お化けのシーン、林くんの1人3役が迫真すぎて目を離せず。演技のお仕事もっとください。

【2幕】

・お団子屋さんのシーン(で伝わるかな?w)、林くんと基くんの絡みがとても良き。 ・おまる(ふっか)が「お黙り!」って怒鳴った時にビックリする基くんとてもかわいい ・照「あれ持ってこい」おまる「プロテインですか?」照「バカやろう!」っていう言い合いで思わず笑みがこぼれちゃう岩本照 ・おまるに見えるか見えないかの立ち位置で良い男風なポーズをしまくる基くん(おまるは江戸で一番の美人という設定) ・おまるが持ってたお盆をゲットして抱きしめてみたり持ち上げてみたりとすごい嬉しそうな基くんがただのカワイイの塊 ・宮ちゃんに怒鳴られて前田くんの影に隠れる照ちょうかわいい(デカいから隠れられてない) ・っていうか前田くんめっちゃ台詞あった!声も通るし演技も上手! ・長椅子に座ってお茶フーフーしたりちょっと飲んでみて「あちっ」て1人でやってる林翔太めっちゃかわいくないですか? ・ハーフ組が鼠の歌(?)うたってるときに林くんと阿部ちゃんが軽くぶつかっちゃって笑い合ってた ・ホースで顔面に水ぶっかけられてる林くんわろた ・LOVEの最後にエアーバイオリンする基くん天使かよぅ… ・最後幕が降りる前の10秒くらいの間ずっと最前のお客さんにアイドルスマイルで手振り続ける基くん天使かよ!!!

 

特に注目してほしいところは太字にしてみました。少ねぇwww でもまあこんな感じでしょうか。MADEのいない歌舞伎で不安もあり、一体私は誰を見るべきなのだろうと悩んでいるうちに基くんに目を奪われていました。だって影山くんに似てるんだもん()とはいえ稲葉くんを探してしまいましたね。いくら探してもいなかったけど。腹筋太鼓でも大河の雄叫びが聞こえなかったけど。この演目にもしMADEが出てたら…なんて考えながら見ちゃうこともしばしば。しかしやっぱり面白い!滝沢歌舞伎。ファンです。今年の2幕は笑いっぱなしでした。ふっか天才かな。初参加のジュニアにもたくさん見せ場を与えてくれて殿には感謝しかないです。今回は母(非ヲタ)を連れて行ったのですがジュニアのことをとても褒めてくれたので自分のこと並みに喜びました。楽しかったみたいで連れてったかいがありますね。これからは少クラ見ながら「これ!この子!歌舞伎の2幕で照にくっついてた緑の子だよ!(前田くん)」と教えてあげたいと思います。それではこの辺りで。あー、楽しかった!

私の4月終わった。燃え尽きた。あとは5月を待つだけです。クリエーーーーッ!!!

ご報告 〜世界一のアイドルに贈る

世間はクリスマスで浮かれまくっている最中ですが、ここでひとつご報告を。

七五三掛くんの担当を降ります。

本来ならば彼との出会いから何からを振り返りたかったのですが、何度かいても上手くまとめられなかったので簡潔にいきたいと思います。理由はシンプルです。七五三掛くんとは別に応援したい存在ができてしまったから。七五三掛くんが最優先ではなくなってしまったから。もちろん、彼を嫌いになったわけではありません。興味がなくなったわけでもないです。今でも七五三掛くんのことは好きだし、TravisJapanも大好きです。ただ、別の人を一番に想いながら七五三掛担を名乗るのは、七五三掛くん本人にも、同担にも、トラジャ担にも失礼極まりない、と思ったわけです。ひとつだけ言いたいのは、満を持しての担降りだということ。私が本気で七五三掛くんの担降りを考え始めたのは今年の5月です。約半年間、悩んで迷って考えて、ついにケリをつけます。勢いで降りるわけではないので、今はとても落ち着いています。そしてその半年間、側で見守ってくれていたフォロワー各位には感謝しかありません。

七五三掛くんは世界一のアイドルです。というよりも私の理想のアイドルそのものです。かわいらしい容姿、鍛え抜かれた筋肉、真面目さ、前髪命、低めの身長、特徴的な声、ぶりっこ精神、ちょっと逝ってるアタマ。最後の方ただの悪口とか言わないで。あっ石投げないで。痛い痛い。とまあ、私にとっての理想のアイドル条件を完璧にクリアしているのです。ここまで書いて思いました。きっと、この理想のアイドル像を私に植え付けたのは七五三掛くん自体だと。私にとっての理想のアイドルは七五三掛龍也で、七五三掛龍也が基準で、七五三掛龍也が不動のトップなんだと。今気付きました。アイドル=七五三掛龍也というわけです。いつの間にか自分の中にそんな方程式ができていたなんて。全て七五三掛の戦略()だったなんて。罪な男だ。罪な男だけど、最高にかっこいい男だ。ここからは少しだけ七五三掛くんの好きなところの話。アイドル条件の中にも含まれてるけど、私昔から前髪命なひとが好きでして。その中でも七五三掛くんはダントツで前髪命なんですけど。そんな彼がステージ上で、前髪を、命と同等に守っているその前髪を、汗で乱しながら踊ってる姿が最高にかっこよくて最高に好きです。あと姿勢。身長が低いからなのか、彼すごく姿勢いいですよね。自担フィルター抜きでも立ち姿はジャニーズJr.でナンバーワンだと思ってます。それとバックダンサーとして踊りながら歌詞を口ずさんでるとき。抜かりなくてあざとくて好きです。あとひとつ、これは全国の七五三掛担が全員一致で好きだと思うんですけど、仕事に対する真面目さ。ジャニーズJr.にも根っからの真面目くんっているんですよ。口だけならなんとでも言える、口だけ達者なやつもたくさんいる。そんな中でも七五三掛くんは本当に真面目だと思えるし、そんな真面目なところが本当に好きです。その真面目さは、歳をとってもデビューしても忘れないでいてほしい。こんなに褒めたのは初めてってくらい褒めました。最後なんで。やっぱり七五三掛くんは最高で最強な世界一のアイドルです。

七五三掛担になって、たくさんの人と出会えて、たくさん夢を見させてもらって、とても幸せな2年間でした。たった2年間だけだったけど、七五三掛の担当になれてよかったです。他の子に目移りしまくったり、途中から貶し始めたり、貶すことすらしなくなって冷めてる状態が何ヶ月も続いたこともあったけど、私は七五三掛くんが大好きです。これからは、他担として、少し離れた場所から応援していきます。絶対デビューしろよな!

七五三掛くん、2年間ありがとう。

シャドーマウンテン影山

前もって全文の説明をひとことでしておきましょう。この記事は山拓というジャニーズJr.に現場落ちした経由とその魅力を永遠と語っていくものです。完全なる勢いだけで書いているので自分でも制御できなくなって理解不能な文面もあるかとは思いますがご了承ください。そんな文章でも「まあ暇潰し程度に読んでやるよ」って方だけお進みください。それではどうぞ。

現場って恐いですよね。何が起こるかわからない。例えば、名前と顔は知っているけど別に好みじゃないし興味も無い、そう思っていた子が信じられないくらいキラキラしてて魅力的だったり……そう、例の如く1人の男におとされたのです。誰かって?それはもう、山拓という男に…。まあ落ち着いて聞いてくださいよ。舞台は六本木、ガムシャラサマーステーションでの出来事です。自チケで2公演行けることになったはいいものの、メインキャストで特に気になっている子はいない。トラジャからの3人はちょいちょい見るとして、よし、私のメインはバックだ!と。迎えたVS公演初日。私は血眼でレポ待機をしていたわけでもなく、バック誰がいるんだろなー(わくわく)くらいの気持ちでした。そこで入ってきた情報は、千田くんがいるということ。えっ千田くんいんの!やばい!といっきにモチベ上昇。ジュニボに関してはデジコン辺りから勉強しはじめたド新規なのですが、マスヒツから千田くんがいっきに気になる存在になっていたのです。まさかこんなところでお目にかかれるとは。(ちなみにジュニボの入り口は龍興くんで今はたくろーとか川口くんとかもすきです)というわけでサマステ2日間は千田くんを見に行くという名目で入ることに決めました。そしてなんとラッキーなことに誠治くんもいるし、後半からはりんりんがギターを弾いているらしいと。なにそれ俺得以外の何ものでもない!と日に日に楽しみが増して行くサマステ。さてここで問題です。この時点で私は影山くんという存在を気にしていたでしょうか。A. 気にしてないんですよ。そう。気にしていない。出てるのは知ってたんです。レポで流れてきた出演Jr.をみて「ああ、影山ってあの影山か」と。顔と名前も一致しています。だけどあくまでも私のメインは千田くんだし誠治くんとりんりんも見たいから、正直かげたんなど見てる余地はない、そんな風に思っていました。そんなこんなで迎えた私的サマステ初日。羅VS覇公演です。2日間とも整番は1000以降だったので、バルコニーからのファンサを狙ったのと千田くんの立ち位置が下手側に多いと聞きつけてセンター寄りの下手にスタンバイ。公演が始まって早々、双眼鏡で千田くんをロックオンするわたし。ああ、かっこいい。溜め息でちゃう。千田くんに降りたい。年中担当迷子な私は軽卒にそんなことを口にしていました。しかしあるとき見つけてしまったのです……千田くんの隣によくいるんですよ。動きが異常に激しくてなんだかニコニコしてる子が。千田くんが無表情なだけにその笑顔が目立つんですよね。茶髪で千田くんより背は低いな。そう、彼こそが影山拓也くんだったのです。「えっあの茶髪だれ……かげたん?まさかのかげたん?え?ほんとにかげたん?私の知ってる影山拓也じゃないんだけど?え?……やばいむりかわいい」そして始まったDDの得意技、かわいい攻め。「なにあのダンスかわいい!シャカリキ!動きでかすぎ!マジかわいい!谷村かよ!いや谷村には及ばないけども!でもかわいい!そして笑顔!アザゼルとこばみず足して2で割ったような笑顔!好きじゃないわけないじゃん!かわいいよ影山くん!」影山くんのあのシャカリキダンスとキラキラの笑顔に心も目線も奪われて釘付け。さてここでおさらいです。私は誰推しをとしてサマステに入ったでしょう。そう、千田くんです。千田推しなんです。(ここでいう推しという表現はアイドル界用語の“推しメン”とは違う意味で捉えてください。担当ではなく“最近のイチオシ”くらいの意味なので)しかも「かげたんなんぞ見ている余地はない」と思っていたほどの千田推しです。それがどうしたことでしょう。公演中に気になってしまうのは8割影山くん。もちろん千田くんはかっこよくて面白くてかわいくて王子様でした。他のJr.も。でもやっぱり影山くんなのです。おかしい。私の頭の中には影山くんの笑顔が焼き付いているのです。しかしこれが現場というものの恐ろしさなのです。冒頭で言った通り、名前と顔は知ってるけど雑誌や画面越しの彼は好みじゃない。興味ない。そんな子だったはずなのに、いざ生で目にしてみると「あれ…こんなにかっこよかったっけ…?」とか「◯◯くんがこんなにかっこいいわけ…」とかとか思ってしまうのです。魔法です。ジャニーズJr.は「普段は好きじゃなくてもステージに立つと何故かカッコよく見えちゃう魔法」を観客にかけているのです。新手の催眠術かもしれません。そんな卑劣な技()を使いこなし、数々のおたくを落としていくのです。私も落とされたうちの1人です。おたくはこの不可解な現象を「現場落ち」と呼びます。なぜかかっこいいんです。なぜかかわいいんです。なぜか魅力的なんです。しかも彼だけが。その瞬間から彼から目が離せなくなるんです。こわいなあ…現場こわいなあ……。影山くんの話に戻ります。というわけで私は影山くんを見つけてしまったのです。でもまだ引き返せる…私は千田推し!私は千田くんを見に六本木まで来てるんだ!心のなかでそう言い聞かせていました。そして迎えたチーム覇の「OneLove」。この曲がイケなかった……こんなに影山くんにぴったりな曲ないもん!選曲がずるいよ!いや、選曲したのはチーム覇だけど!メインはあくまでもチーム覇だけど!私からしたら影山くんしか見えなかったんだよ!あっ千田くんも相当かっこいいけど!儚げでかっこいいけど!千田くんに「100年先も愛を誓うよ」とか言われたいけど!でもなによりも影山くんがかわいくてかわいくてもう……だって歌詞とか口ずさんでるんだよ?満点スマイルでだよ?そう、ワンラブで落とされました。完全にワンラブのせいです。ワンラブ=影山くんだし影山くん=ワンラブなんです。決め手は最後の「ラーララーラーララー」の部分。バックの子たちみんな片手を左右に大きく振るっていうフリなんですけど、影山くんだけ途中から両手になるんですよ?!!?!なにそれ目立ちたがりなの?!?!かわいすぎるの?!??その笑顔でご飯12杯はいけるよ?!!!?状態です本当にもう。そしてその満点スマイルからアウトロに入った瞬間!アウトロはちゃんとフリがあるからパッと切り替えて踊るんです。もうその切り替えに惚れました。最高にかっこいいそしてかわいい無敵の影山拓也。もう後戻りはできません。いいよ、私の負けだよ。影山くんに落ちたよ。その後のパフォーマンスバトルでもステージ両サイド上段でメインたちを応援するバックたちを観察。ちびたちが下手で影山くんたちは上手。みんなそれぞれ応援スタイルが違うのですが、影山くんがかわいいのなんのって!手拍子は常に頭の上、右膝でリズムを刻み、技が決まればボルトポーズで煽る。どうしてそんなにかわいいの……と頭を抱え込みたくなるほどのかわいさ。ちなみに千田くんの応援スタイルは無表情無言でひたすら手拍子(高さはおへそ辺り)を繰返しててあまりにも覇気がなくて笑いました。 真面目にパフォーマンスしてるメインの子たちと真剣に見てるメインのファンの子たちには悪いけど、同行者と肩震わせてましたごめんなさい。2日目(私的サマステオーラス)は我VS覇公演。なんと2日ともチーム覇の公演だったんです。つまりワンラブを2回見れたということですね。そんなん落ちないわけがないでしょうが!!!!影山くんのワンラブ見て「かわいい」って感情を抱かない方がおかしいからね?!!影山くんがかわいいのは世界共通で一般常識だよね?!?2日目も1日目同様、いや、1日目よりも影山くんを見てました。完全に影山くんしか見なかったわけじゃないですよ?千田くん誠治くんりんりんも見つつ、双眼鏡を覗いた先に見えるのが一番多かったのが影山くんっていうだけ、ただそれだけです。サマステのオンリーかげやまくんな感想はこんなもんです。

ひととおり影山くんの魅力を語ったところで「現場落ち」について少しだけ。私、過去に2回ほど現場落ちをしたことがありまして。といってもですね、その過去2回っていうのは完全なる現場落ちとは言い切れない部分もあったんです。つまりは現場に行く前から気になっていたんです。だから完全なる現場落ちをしたのは影山くんが初めてです。嫌いでも好きでもない存在だったひとにここまで魅かれたのは影山くんが初めてです。そのくらい影山くんは魅力的な人なんです。っていう話。ちなみに過去2回は深澤(すの)と稲葉くん(めど)です。

うん、やっぱり現場って恐いですよね。本当にいつどこで誰が落としてくるかわからない。もうこれ以上好きな子増やしたくないんだけどなぁ。そして今週は東京Dで影山団扇振ってきます…目も腕も足りません。以上、シャドーマウンテン影山に急降下中の753担がお送りしました。